女性ホルモンの影響で起こる更年期障害の症状は緩和する方法がある

病院

早期発見のために検診を

女の人

自覚症状がほとんどない

子宮頸がんは30代にピークがある比較的若い世代に多いがんです。自覚症状はほとんどないため、早期発見するには定期的な検診が欠かせません。市町村の子宮がん検診などを利用しましょう。また、閉経後の不正出血や出血かどうかわからないおりものが見られた場合は、婦人科で相談しましょう。子宮頸がんは、治癒後も他の悪性腫瘍と同じ様に再発・転移するケースがあります。治療後大切なことは、定期的にチェックして長期に渡る経過観察を続けることです。再発や転移が早期発見できればそれだけ治療が楽にできます。再発が最も多いのは治療後5年以内なので、最低でも5年間は治療した医師の診察を受けることが重要です。診察を怠らず再発や転移に対して、いたずらに不安や心配しないように心がけましょう。

?〜?段階に分けられる

子宮がんは子宮頸部にある子宮頸がんと子宮内膜に発生する子宮体がんに分けられます。一般に子宮がん検診で調べるのは子宮頸がんの方です。子宮頸がん検診では、膣の奥に位置する子宮頸部を細長い綿棒やブラシで擦り取る細胞診を行います。細胞診の結果はクラス?〜?の5段階に分けられます。クラス?〜?は正常または良性の変化、クラス?は悪性の疑いがある状態、?は悪性の恐れが極めて強い状態、そして?は悪性です。細胞診でクラス?以上とされた場合は、さらに組織を少し採取し、組織診を行ってがんかどうかを診断します。一般的にはコルポスコープと呼ばれる拡大鏡で採取した組織を拡大して見れば診断がつきます。但し、閉経後で子宮の萎縮が強い場合は子宮頸部が内側に引っ込んでいて診断に十分な組織を取ることができないため、頸部を円錐状に切除する場合もあります。