女性ホルモンの影響で起こる更年期障害の症状は緩和する方法がある

診察

治療を続けて健康な毎日を

看護師

小岩の糖尿病を診療する病院やクリニックでは、糖尿病の治療を毎日継続する様に指導します。自己判断で中止することから起こる悪影響を防ぐためにも、医師の指導を受けて毎日の生活の中に取り入れていくことが大切です。

View Detail

早期発見のために検診を

女の人

若い世代にとって脅威となるがんは、子宮頸がんです。定期的な検診が早期発見に繋がります。検査はがんの種類に応じて実施されます。方法は複数あり、市町村などで受けられます。

View Detail

アンチエイジングに役立つ

血液

大阪では多くの医療機関があり、様々な治療が提供されていますが、血液クレンジングも注目の治療で、疾患の治療に役立てられていることはもちろん、アンチエイジングなどにも活用されています。体質によっては治療が適切でないこともありますので、事前の検査を受けておくとより安心です。

View Detail

辛い症状を緩和できる

笑顔の婦人

閉経の前後10年ほどを更年期と言いますが、この時期には女性ホルモン(エストロゲン)が急速に減少し、それに伴って更年期障害と呼ばれるさまざまな症状が出やすくなります。更年期障害の場合には、ほてり、大量の汗、めまいなどの身体的な症状の他、イライラ感や不安のような精神面での辛さも生じることがあります。これを克服するには、生活リズムを改善し、ストレスのない生活を心掛けるなど、日常生活での工夫も大切ですが、なかなか治らない場合は病院に行った方が良いでしょう。この場合はホルモンのバランスを根本的に治す治療が中心で、ホルモン補充療法をはじめ薬物療法などもあるので、症状をしっかりと抑えたい場合には特にいいでしょう。

更年期障害の場合には、減少したエストロゲンの働きを補ったり、全身の健康に役立つような成分が摂れる食事を心掛けることが大切になります。具体的にはエストロゲンに似た作用を持つという大豆イソフラボンを含んだ食品や、ホルモンバランスを良くするビタミンEや亜鉛などを多く含む食品を選ぶと良いでしょう。さらにこのような栄養素は、サプリメントの形で摂ることも可能であり、その場合は効率的に摂取できるので、選択肢に入れてみるといいでしょう。この他では、漢方薬も副作用が少なく、効き目が穏やかで更年期障害の薬として使われることも多いと言われています。ただ、サプリメントでも薬でもそれぞれの症状に合ったものを選ぶことが大切なので、これらを利用したい場合は病院で相談してみると、より効果を上げることが可能になるはずです。